そうだ 京都、行こう

名古屋出張帰りに京都に立ち寄りました。バタバタとした日常を忘れて、心に潤いを取り戻したくなったのです。 一昨年の12月以来、約2年ぶりの京都です。 

前日までの雨が嘘のような、快晴の名古屋。 大名古屋ビルヂングに見送られて、名古屋を離れます。  

名古屋駅に入線するN700系。最初はなんてヘンテコな顔をしているんだと思いましたが、見慣れるとかっこよく見えてくるから不思議です。       

京都御苑、「清水谷家の椋」。私のご先祖様と関係あるのかな? ほんとは下鴨神社に行こうとしていたのだけど、時間がなくて断念。 

青蓮院にて。 「一隅を照らす」ことは弁護士の職責でもあります。 

青蓮院の庭園。角度のある秋の夕日に照らされた苔が美しい。 京都は、旅人を詩人にしてくれますね。        

祇園新橋の「辰己大明神」。この界隈はすごく雰囲気があって好きなので、京都に来るたびに立ち寄りたくなります。 それにしても、ここに限らず、どこへ行っても観光客が多かったです。 

辰己明神の目の前にある甘味処「ぎをん小森」でわらび餅とお抹茶をいただきました。     

夜は先斗町へ。       

地ビールも頂戴しました。食後のデザートにもお抹茶がついてきました。         

京都新聞。 色使いがどことなく上品に見えるのは、思い込みでしょうか。 PC遠隔操作事件、厳しい検証と、立法による取調全面可視化・証拠全面開示の早期実現をおこなうべきです。   

京都との別れ。また来たいです。

以前はカップに “I’m going WESTwith a cup of COFEE”というコピーが印字されていました。そのコピーが旅情を誘うようで好きだったのですが、いつの間にか印字が変わってしまいました。     

流れる車窓を眺めながら音楽を聴くと気分が高揚するようです。 これはいささか古いノイズキャンセリングヘッドホンですが、新幹線や飛行機の「ゴーッ」という騒音を大きく低減してくれるので、音楽も聴きやすいですし、疲れも少ないです。   iPodが古い型なのは容量が大きいのを使いたいから。音質が劣化しないようロスレス形式で圧縮するため、容量の大きいiPodクラシックを愛用しています。オーディオ好きの人には愛用者が多いみたいですよ。 

今回、熊本出発時に出してもらったチケット。鉄道マニアの方にはこれを眺めるだけで楽しいという方もおられるかもしれません。 乗車券は途中下車ができますが、特急券は途中下車ができませんので、 帰りの特急券は京都で分けて出してもらってます。 

熊本到着直前に手元に残っていた切符の様子。 熊本出発時に出してもらった京都→熊本の特急券は、窓口で座席を指定してもらった時に内容を改めたものと差し替わったようです。

次の記事

新幹線三昧