名古屋へ

中部弁護士会連合会の定期大会に、九州弁護士会連合会からの来賓として出席するため、名古屋に来ました。  

飛行機の本数が少なくて時間が合わないので、新幹線でいくことにしました。 さくらで熊本駅を出発。 この2000番台の800系、シート柄が素敵です。デッキと客室を隔てる壁(妻壁)には金箔が貼られています。  

博多でのぞみに乗り換え。         

出張が多いので、すっかり出張上手になりました。   

大名古屋ビルヂングが迎えてくれました。何度みても、その名称に圧倒されます。 立て替えのため、つい先月末までで営業をやめたとのこと。立て替え後は名称が変わる見通しとのことです。残念ですね。   

夜は、日弁連の会長・副会長や、全国の弁護士会連合会(北海道弁護士会連合会、東北弁護士会連合会、関東弁護士会連合会、中部弁護士会連合会、近畿弁護士会連合会、中国地方弁護士会連合会、四国弁護士会連合会、九州弁護士会連合会)の理事をはじめとする方々が参加して、50人程度のこじんまりとした前夜懇親会が催されました。偉い先生方にかこまれて大変恐縮しましたが、先生方はみんな気さくで、楽しむことができました。

その後、九州弁護士会連合会の山下理事長よりニ次会にお声かけを頂戴して、サシ飲みをさせていただきました。ワインに造詣の深い山下先生がリサーチなさったワインバーでおいいいワインをごちそうになりました。12時過ぎまで飲みました。私にとってはかなりの深酒だったのですが、今朝はまったくお酒が残っておりません。いいワインは酔わないのでしょうか?山下先生のような大先輩の話をおうかがいすると、エネルギーをいただけるような感じがして、本当に刺激になります。

ところで、山下先生は私の義父と面識があられるのですが、お話をおうかがいすると、私が思っていたよりもずっと近しいおつき合いをされていることが分かりました。だって、先の二次会のお誘いの電話は、義父から私の携帯番号を聞き出して電話をくださったというほどなのです。もう、何をやっても義父に筒抜けじゃないかと思うと、悪いことはできません。(笑) 

宿泊は、弁連大会がおこなわれるウェスティンナゴヤキャッスル。 紙名を指定しないのに毎日新聞が届けられました。外資系のホテルグループに入り、「ウェスティン」を冠するようになりましたが、出自が毎日新聞系であることを感じさせます。

今日は中部弁護士会連合会の第60回定期大会。シンポ、大会、懇親会と楽しんでいきます。

前の記事

弁護士の研鑽の場