HOME > コラム > アーカイブ > 2013年3月アーカイブ

コラム 2013年3月アーカイブ

水俣修習の引率

先日、修習生を引率して水俣に行ってきました。
 
昔は熊本で修習した人は必ず水俣病の歴史を勉強するために水俣に見学に行っていました。私が十数年前に修習したときも水俣に連れて行っていただきました。ところが、数年前に修習生の数が増え、班を4つに分けて修習するようになってからは、希望者のみを連れて行く扱いになっていました。しかしながら、水俣病の歴史は熊本の司法の歴史でもあります。それを熊本で修習しながら勉強しないのはおかしいということで、本年度から各班ごとに、弁護修習のときに必ず水俣に見学にいくという扱いになりました。
 
熊本の全ての修習生に水俣を見学させることを復活するよう提案したのは、意外に思われるかもしれませんが、行政側・企業側で取り組んでおられる、自他共に認める保守系の先生です。その先生がおっしゃる理由はこうです。会社や官庁といった組織の法令遵守がしっかりしていれば、水俣病の被害拡大は防ぐことができた。企業や行政に入る者こそ水俣病の歴史をみてその教訓を学ぶことが大事であると。弁護士は立場にかかわらず、根っこにあるヒューマニズムは共有しているのですね。私自身もどちらかというと企業や行政とのつきあいが多いのですが、その先生の考え方には共感します。
 
 
今回は、私の事務所で修習する修習生と同じ班のみんなを三角弁護士とともに引率して水俣に行ってきました。
 
 
DSC09952.JPG
まずは水俣協立病院で水俣病の歴史について勉強しました。水俣協立病院は水俣病の診断・治療のために設立され、水俣病の問題に取り組んできた病院です。座学後、病院の屋上からチッソの工場を俯瞰。
 
ここに来たのは私自身が修習生だったとき以来です。
 
 





 
DSC09956.JPG
百間排水溝。ここから有機水銀を含む廃液が排出されました。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
DSC09963.JPG
説明者の話に熱心に聞き入る修習生たち。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
DSC09960.JPG
水俣病巡礼八十八カ所の一番礼所というのがありました。ここが水俣病のはじまりの場所ということなのでしょう。
 
 
 


 
 
 
 
 
 
DSC09998.JPG
お昼は福田農場さんで名物のパエリアをいただきました。福田農場さんにはほんとうに久しぶりに来ました。
 
おいしかった!
 
 
 
 
 

 
 
 
DSC00009.JPG
福田農場さんの桜。
 
天気もよく、桜もいい具合で、絶好の見学日和でした。
 
 

 
 
 
 
 
 
DSC00014.JPG
福田農場から見下ろした水俣の海。海の青さと桜のピンクとのコントラストがすばらしく、本当にきれいでした。
 
こんなところに有毒な廃液を流しただなんて。
 
 
 
 
 


 
 
DSC00021n.JPG
八幡(はちまん)プールと呼ばれるところ。水俣川の河口に位置します。一時期この付近に排水口が設けられたことがありました。向こう側の小高いところは、すべてヘドロを埋めて土をかぶせたところだそうです。
 
説明者の話に修習生が熱心に聞き入っています。
 
 




 
 
DSC00043.JPG
慰霊碑。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00045.JPG
慰霊碑に手を合わせる修習生たち。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
水俣病はまだ解決していません。線引きの問題、潜在的被害者の問題など難しい問題が残っています。また、根強い偏見や無理解も残っています。さらには、水俣病を招いてしまうような企業や行政の姿勢が何ら改まっていないことは福島第一原発の問題からもうかがうことができます。水俣病から得られる教訓はたくさんあります。
 
 
DSC00036.JPG
今回も私がバスを運転しました。それが安上がりなので。
 
水俣では細い路地を入り込んだところを見学し、狭いT字路を使って方向転換ということも多く、腕の見せ所でした。方向転換のたびに「キャー♡」とか「すごーい♡」と修習生が喜んでくれて、悪い気はしませんでした。(笑)





 
 
 
DSC00053n.JPG
熊本市内に帰ってきました。年度末だったので、熊本市内はすごい渋滞でした。

最終の執行部会&懇親会

3月25日、平成24年度最後の執行部会がありました。またそれに続いて懇親会もおこなわれました。
 
副会長3人から愛する坂本会長へサプライズプレゼントをお贈りすることになりました。当日いちばん手が空いていた私が代表してネクタイと花束の調達に奔走しました。
 
 
DSC00692n.JPG
執行部会前、事務所の近くにあるセレクトショップ日子さんでまずはネクタイを調達。もちろん会長の大好きな「ももいろ」のネクタイにすることは、副会長のみんなで合意済みでした!
 



 
 
 
 
 
 
DSC00700.JPG
最後の執行部会。
 
私は主任時代から通算して3年間執行部会に通い続けましたが、その最後の執行部会ということになります。でも、感慨に浸る暇もないくらい議題がいっぱいでした。
 
 
 
 



 
執行部会終了後、懇親会までの間、こんどはお花の調達に動きました。そのため、単独行動をとりました。徒歩で信号待ちしていたところ、そこを通りかかったタクシーに乗った坂本会長と目が合いました。坂本会長が「一緒に乗っちゃえば!」のジェスチャーをするなか、私は意味不明なジェスチャーでとぼけ通し、ひとり繁華街の花屋さんへ。不審感満点でした。
ところで、花屋さんくらいてきとーに見つかるだろうとタカをくくっていたら、意外と見つからない。うろうろしてるうちに、中松副会長、山崎副会長とばったり出くわし、一緒に花屋さんを探しました。花屋さんでは、花束の色合いの希望を聞かれたので、3名全員一致で「ももいろ」とリクエストしました。
 
 
DSC00711.JPG無事兵站活動を終え、新旧執行部合同の懇親会。
 
最後の執行部会が終わったから副会長の仕事がすべて終わったかというと、そうではありません。委員会への出席、常駐当番、修習修了式等、まだまだ仕事は残っています。
 




 
 
 
 
DSC00794.JPG
会長への花束&ネクタイの贈呈。
野郎ばかりの副会長からお渡しするのではアレだということで、事務局からお渡ししてもらいました。
 
会長が泣いちゃいそうになっておられました!大成功!
 


 
 
 
 
 
DSC00851.JPG
懇親会の様子。
 
山崎副会長が撮影した前衛的写真。左から坂本会長、清田次期副会長、清水谷。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00857.JPG
山崎副会長が撮影した前衛的写真。中松副会長(左)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00860.JPG
山崎副会長が撮影した前衛的写真。北野次期首席主任。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00888.JPG
清水谷が撮影した写真。締めの挨拶をする田中裕司次期副会長。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
まだあと5日ほど任期が残っております。残り期間も頑張ります。

最後の九弁連理事会

3月23日に平成24年度最後の九弁連理事会がありました。
 
DSC00139.JPG
その日は朝から後輩弁護士の結婚式でした。
坂本会長のご発声で乾杯をしたあと、シャンパンに口をつけただけで中座し、熊本駅に向かいました。
 
 
 


 
 
 
 
 
DSC00171.JPG
例によって新幹線です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00184.JPG
披露宴の席で料理に手をつけられなかったので、車内でこんなものを食べて腹ごしらえをしました。
 
 
 
 
 


 
 
 
 
DSC00193n.JPG
理事会は福岡県弁護士会館の3階でおこなわれます。この景色を目にするのもこれが最後です。
机上にあるのは梅ヶ枝餅。毎回、各県が持ち回りで各地の名産のお菓子を準備するのが慣行になっています。1時間前にできたばかりのまだ温かいものをご提供いただきました。おいしかった。
 
 
 





 
3月の理事会は、次年度の理事会メンバーがオブザーバー参加します。したがって、私の背後には次年度の理事会メンバー≒各県の次年度の会長・副会長が座っておられました。
 
理事会では、私は1年を通して言いたいことを発言してきました。私のような若輩者が好き放題発言しても皆様は寛容に受け止めてくださいました。本当に1年間お世話になりました。
 
また、九弁連の理事をつとめたことによって、他ブロックの弁連大会に出席したり、副大臣をはじめとする多くの政治家と接触する機会を得られたりするなど、得難い経験をすることができました。さらに、多くの素晴らしい先生方との出会いを得られました。本当に感謝しています。
 
 
DSC00563.JPG
理事会後に料亭「稚加栄」で新旧理事会合同の懇親会がおこなわれました。言ってみれば旧理事会卒業式です。
 
 
 
 



 
 
 
 
DSC00202.JPG
職務を全うし満面の笑みでピースをする兒島事務局長。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
1年前、西鉄グランドホテルでおこなわれた新旧理事会合同の懇親会に「新年度の理事予定者」として参加したのを思い出しました。そのときは、旧理事会の人たちがとてもうれしそうにはしゃいでいるのを目の当たりにしましたが、はしゃぎたくなるのもわかります。充実感と開放感と、それからみんなとお別れになる寂しさとで、今夜だけは精一杯飲もうという気持ちになりました。
 
 
DSC00209.JPG
向こう側は新理事会のみなさんの席。旧理事会終了後に新理事だけが参加しての「理事予定者会」というのが開かれたため、到着が遅れていました。
というわけで、旧理事会のみんなで待ちきれずに乾杯の練習をはじめてしまいました。
 
 
 



 
 
 
DSC00528s.JPG
みんなの集合写真。
平成24年度の九弁連はほんとうに充実した活動をしました。法曹養成問題に関しては、日弁連本体もなしえないような大きい仕事をおこない、政府の検討会議の議事録に記載されるような数々の成果を残しました。みんな達成感にみたされ笑顔があふれています!
 




 
 
 
DSC00586.JPG
二次会は理事長おすすめのワインバー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00622.JPG
三次会は事務局長行きつけの高級クラブ。
 
この日は四次会まで楽しみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
翌朝、帰りの新幹線を待っている間、例によって流し撮りの練習。走り去る500系。500系はとても未来的な格好をしていてかっこいいと思うのですが、座席数が700系、N700系、N700系G編成(N700A)とは異なっており、ダイヤが乱れた際の車両の代替が困難なことから、少しずつ活躍の場を減らしていっています。
 
DSC00677.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
職務を全うしてほっとしましたが、これで理事会のみなさんと会えなくなると思うと本当に寂しい思いです。いまは祭りの後のような気分。

1

« 2013年2月 | メインページ | アーカイブ | 2013年8月 »

このページのトップへ