HOME > トピックス > 副会長退任のご挨拶

トピックス

< くまもと経済2013年3月号で当事務所が紹介されました  |  一覧へ戻る  |  くまもと経済EX COMPANIES 2013 で当事務所が紹介されました。 >

副会長退任のご挨拶

私儀清水谷洋樹は、平成24年4月1日より熊本県弁護士会副会長及び九州弁護士会連合会理事の職を務めて参りましたが、平成25年3月末日をもちまして、これらの任を退くことになりました。在任中は多くの皆様のお支えをいただきまして、充実した職務を行うことができました。ありがとうございました。
 
最も印象に残っている仕事は、九弁連理事会の総力をあげて法曹人口・法曹養成の問題に取り組んだことです。政府の諮問機関である法曹養成検討会議の議事録をみても、私たちの活動の成果がはっきりと記されており、一定の成果を上げることができたことは誇りとするところです。しかしながら先頃発表された法曹養成検討会議の中間とりまとめ案は問題を先送りにする甚だ不十分なものであり、この問題に対しては引き続き継続的に取り組んでいく必要があります。今後も一弁護士としてこの問題に取り組み、国民の皆様にとってよりよい司法を作り上げるため微力を尽くして参ります。
 
在任中は事務所を留守にすることが多く、顧問先様、関与先様、依頼者様には大変ご迷惑をおかけいたしました。この場を借りてお詫びを申し上げます。任を終えたことで、事務所業務の対応体制が充実し、より迅速な対応・処理をご提供できるものと考えます。また、副会長や九弁連理事の職務を通じて得られた知識や人脈を事務所業務を通じて皆様に還元することで、これまで以上に皆様のお役に立って参りたいと考えております。今後とも弊事務所をご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

< くまもと経済2013年3月号で当事務所が紹介されました  |  一覧へ戻る  |  くまもと経済EX COMPANIES 2013 で当事務所が紹介されました。 >

このページのトップへ