HOME > コラム > 業務一般 > TKCでの表彰と座談会

コラム

< 医学研修  |  一覧へ戻る  |  熊本地震から半年が経って >

TKCでの表彰と座談会

当事務所は代表者である清水谷がもともと弁護士であることから、法律事務所としての評価は多くいただいておりますが、会計事務所としてはあまり目立って来なかったように思います。

しかしながら、弊事務所会計部門もまた法律部門に劣らず、お客様のために日々精進しております。その成果について、昨年11月に表彰をいただきました。すなわち、TKCという税理士の全国組織において、平成26年度「TKC全国会重点活動テーマ・ニューメンバーズ部門」の「FX2純増件数全国1位」ということで表彰いただきました。これは、会計事務所のお客様に対して会計や経営に関する助言・指導をおこない、自計化を推進したことについて全国1位の栄誉をいただいたということです。

以下の画像は授賞式の様子です。

DSC00524.JPGDSC00525.JPG











DSC00535.JPG
いただいた賞状です。























この受賞を受けて、先日座談会が開かれました。そこで他の部門で表彰を受けた各地の税理士とともに話をおこないました。その様子がTKCの機関誌に掲載されました。

DSC07021.JPGDSC07045.JPG











弁護士の業務で雑誌に取り上げられることは慣れていますが、税理士として雑誌に載るのは初めてです。引き続き税理士事務所としても研鑽して参りますので、清水谷法律会計事務所をご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。


カテゴリ:

< 医学研修  |  一覧へ戻る  |  熊本地震から半年が経って >

同じカテゴリの記事

熊本地震から半年が経って

熊本地震から半年が経ちました。熊本市内では午前10時にサイレンが鳴りました。私は熊本家庭裁判所の待合室にいましたが、横にいた依頼者とともに黙祷を捧げました。
 
自分で言うのもアレですが、私はいまも、弁護士としての知識や人脈を被災者のために活かすべくプロボノで震災の対応に汗をかいています。いろいろな関係者と協議し、関係する制度の運用を被災者目線でおこなってもらえるよう、関係各所と折衝しております。
 
半年が経つと、震災当時の記憶が薄れてしまうのでしょうか、被災者よりも組織を守ることを第一に動こうという「抵抗勢力」に悩まされる場面が増えてきました。彼らはいったい何のために仕事をしているのだろう。高給をもらって、組織を守って、被災者を泣かせることが彼らの生き方なのか。
 
そういう悲しい人たちが目の前に立ちふさがっており、そのために被災者を守れないことに大変歯がゆい思いをしています。そういう「抵抗勢力」を動かすだけの力量が私にないことも原因でしょう。しかし、救われるべき被災者を犠牲にしてまで「抵抗勢力」の連中が自分たちの身を守ろうとする姿勢は断じて許すことができない。
 
私の持てる引き出しをすべて使ってでも、あるべき運用を実現したい。そう固く決意しながら黙祷を捧げた次第。

(清水谷)

このページのトップへ