HOME > コラム > アーカイブ > 2012年6月アーカイブ

コラム 2012年6月アーカイブ

熊本大学法学部で講義

DSC04654n.JPG
今年も熊本大学法学部で講義をしてきました。今年でもう7年目になります。
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
DSC04659n.JPG
昨年までにがんばってパワーポイントで授業をおこなうように準備をととのえていたので、今年はとても楽でした。ここのところのハードスケジュールでほとんど準備に時間を割くことができず、去年の資料を見返しただけで授業に臨みましたが、学生に迷惑をかけることもなく、うまく授業を行うことができました。






 
 
 
 
DSC04639.JPG
体力勝負には慣れているはずなのですが、それでも、90分しゃべりつづけるのは疲れます。とりわけ最近は疲労が溜まってきているので、今回は栄養ドリンクで気合いを入れて授業に臨みました。

出張続きの1週間

先週は出張続きの1週間でした。
 
<水曜日>
水曜日は福岡出張でした。高裁で民事と私選刑事の期日が1件ずつありました。
 
DSC04348.JPG
福岡地方・高等裁判所名物のカメの甲羅干しです。6匹いましたが、カメラを構えたら2匹が水の中に飛び込んでしまいました。
 
 




 
 
 
 
 
 
DSC04372.JPG
帰りの新幹線を待っていたら向かいのホームに800系が滑り込んできました。N700系も快適でいいのですが、800系の愛嬌のある顔と内装の和モダンテイストが私は好きです。
 
 





 
 
 
 
<木曜日>
木曜日は荒尾方面へ出張でしたが、写真はありません。
 
 
<金曜日>
金曜日は本渡商工会議所様で法律相談をお受けしたのち、人吉に移動して公設事務所の弁護士退任式に出席するというスケジュールでした。
 
DSC04423n.JPG
本渡の瓢六さんのお寿司。本渡には有名なお寿司屋さんがいくつかありますが、私はここのお寿司が好きです。裁
判所や商工会議所から近いということもあって便利ですし。
 
相談を終えたのち、松合を経て松橋インターから高速に乗り人吉に移動。熊本→本渡→人吉と、下道を中心に230キロほど走りました。
 
 



 
 
DSC04432.JPG
人吉では公設事務所の退任式に出席しました。例によってあいさつのお仕事もありました。目標どおり笑いをとったのですが、自分も笑ってしまうという粗相をやらかしてしまいました。(*_*)
 
泊まりは人吉旅館。
 
 
 




 
 
DSC04444n.JPG
壁紙を使わず木板を貼り付けた内装が美しい宿でした。昭和9年に宮大工が建てたとのこと。
 
温泉の泉質もよく、出張の疲れを流すことができました。でもまだまだ出張は続きます。
 
 
 





 
 
<土曜日>
土曜日はお昼から福岡で九弁連の委員会。したがって朝9時ころ人吉を車で出ました。運転するのがきつかったので、熊本で新幹線に乗り換えました。
 
DSC04460.JPG
800系。
 
熊本発着の300番台さくらの指定席はガラガラ。自由席はけっこう多かったようです。
 
 
 



 
 
 
 
DSC04493.JPG先週2度目のカメの甲羅干し。この日は大物が3匹いました。 
 
委員会の会議では充実した議論と情報交換をできました。
 
 
 
 
 



 
 
DSC04507.JPG
九州各地の弁護士と懇親を深めました。九弁連委員会後の懇親会は毎回そうなのですが、すごくためになる話を聞けてうれしいのです。
 
画像は懇親会の席で鮎を撮影する沖縄の先生。沖縄では鮎は珍しいらしいです。
 
 




 
 
 
 
 
<日曜日>
 
DSC04530.JPG
以前はブッフェスタイルの朝食を好みましたが、最近は和食を好みます。
 
食生活が洋風化というか、いい加減化してしまい、こういう機会にしかきちんとした和食を食べられないため、最近はつとめて和食を食べるようになりました。ブッフェだと取りに行くのが面倒だというのもありますが、、、。
 
 
あとは熊本に帰るだけです。でも、明日からまた出張が待っています。

あいさつ

副会長職に就いて、あいさつをする機会が増えました。会内のイベントであいさつしたり、会長の代理として出席した会合であいさつしたりというものです。先週も、弁護修習終了式、弁護修習開始式、 熊本県不動産鑑定士協会様の総会、消費者支援ネットくまもと様の総会と4回あいさつしました。前2者は会内イベントで副会長として、後2者は会長代理として。
 
会内のイベントの場合はざっくばらんなあいさつでいいのですが、会長の代理として弁護士会を代表してあいさつするのはやはり緊張します。多くの場合、他の来賓は、税理士会、司法書士会、公認会計士協会の会長あるいは県の部長などであることが多く、私が若輩者であることもあって、緊張に拍車をかけます。
 
あいさつをおこない慣れていれば、たくさんある「引き出し」の中から言葉をつないでいけばよいのでしょう。しかし、私はこれまであいさつをしなければならない機会に接することが、ざっくばらんな飲み会の席を除けばあまりありませんでした。そこで現在、本を読んで頑張って引き出しを作っているところです。
 
DSC04202.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
とはいっても、本に載っていることをそのままあいさつしても、聞いているほうはつまらないでしょう。私としてはあいさつの中で笑いをとってやりたいという下心もあります。そこで、事前に情報を集取し、下書きをしてからあいさつに臨みます。下書きは会場までは持って行きますが、見ないであいさつするようにしています。会場の人の目を見ながらあいさつをするため、あるいは、棒読みにならないようにするためです。さいわい、これまでのあいさつでは笑いをとりつつ、バシっと締めることができたと、手前みそながら自負しています。
 
あいさつをさせていただけるなんて貴重な経験ですので、他の2名の副会長に負けず劣らず、心に残るあいさつをできるよう頑張りたいと思います。

1

メインページ | アーカイブ | 2012年7月 »

このページのトップへ